先日の

2017年01月26日 11:40

同窓会の折、衝撃的な事実を
知りました。

その一つは私を陸上競技の世界に
引っ張っていってくれた恩師がお亡くなりになっていたこと。

いつも裸足で駆け回り、自転車でどこまでも
出かけていく、タフな女傑だった先生。

当時、内向的で文化系趣味だった私に
「そんなんでは不健康な大人になる」
「外で走っていたら元気になる」
「努力の意味が分かる」
と半ば強引に引き込まれました。


運動音痴で足の遅かった私は、
当初は意味も分からずに走っていましたが、
なんとなく続ける意義が見つかったころには

チームでは地方では優勝し、県でも
上位入賞するメンバーになって、その後の
人生も大きく変化する事になりました。

先生とは数年前にお会いした時は変わらず
お元気だったので、本当に驚きました。

その時に今後は子供も会わせたいと話をして
いたのですが、かなわなくなってしまいました。

週末にご自宅に子ずれで寄らせてもらい、
御主人とお話をさせて頂き、焼香させて
いただきました。

いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト



最近の記事