感動

2017年03月27日 23:45

することがありました


世の中的には昨日の大相撲の優勝に至る
一連の流れ(怪我→痛みに耐えて頑張る→勝利を掴む)
だったと思います。
なんだか20年くらい前に○○首相が言ってたようなフレーズですが

当院でもありました
それは今日の事・・

その方は当院では超珍しいと言える高齢者の患者様。
しかも御年80オーバー

固定装具や用介助が必要な怪我をされて来院し、
本人さんは痛みや生活動作苦で気分もの日が
しばらく続いき、回復運動のメニューも少し消極的
にされていたのですが、つい先日「早く装具がとりたい」
との希望もあり、「少しきついかな?」と思うくらいのメニューに
変更し、「これが出来たら装具が外せる」という目標設定を
今まで以上に明確に説明しました。

するとどうでしょう

数日ぶりに来院されたら、メニューが出来るようになっているではありませんか

「凄いですね」とお聞きすると
「少し痛いけど、この運動したら外せると思って頑張ってみたら、
できるようになったし、痛みも減った」

と自信にみちた笑顔で答えてくれました。


その努力と笑顔の素敵さに、とても感動させられました


いくつになっても日々の取り組みかたで
これだけ変化できる。
人ってなんて素晴らしいんでしょう






スポンサーサイト



最近の記事